住み替え * 売却価格 * 利用 * 先に購入 * 担保割れ * サイトマップ

banner

借入残高・担保割れも賄える場合

banner

子供が増えて手狭になったり、介護が必要になった親と同居したりと、
家の住み替えの需要は少なくありません。

新規に家を購入する際には資金計画を綿密に立てる必要があります。
新しい物件を購入する際の資金繰りは、金融機関の住宅ローンの利用を
検討することになりますが、家を売る額で既存のローンの弁済手段を
確保できているかどうかの確認が出発点になるでしょう。

まず自宅の売却額がローン残高を上回る場合には、ローンは完済できるので
譲渡益を引越し費用や頭金の一部に充当して、幅広い選択肢の中から
通常のローンを組むことが可能になります。

それでは自宅の売却額では残債を完済するに足りない場合はどうでしょうか。

このような担保割れをきたしている場合、手持ちの預貯金で
完済することが出来れば問題はありません。

しかし充分な貯蓄も確保できず、残債を返済する見込みがない場合には
担保割れ分も含めて、新規の住宅ローンで資金を調達する方法があります。

これが買い替え住宅ローンです。
このローンの特長は、住み替え物件の担保価値の1.5-2倍もの融資額を期待できる点です。

通常の場合は担保価値の枠内で融資額を検討しますが、それに比べれば
金融機関にとってリスクが高い融資と考えられます。

そのため債務者の勤続年数や収入など厳格な審査がされることが多く、
必ずしも希望の額の融資を受けられるとは限りません。

将来も安定した昇給が確実に見込める方が利用を検討すべきでしょう。
住み替えのために家を売ることになりますが、
無理のない資金計画を立てることが重要です。

Copyright(c) 家を売却して住み替える. All Rights Reserved.