住み替え * 売却価額 * 利用 * 先に購入 * 担保割れ * サイトマップ

banner

先に購入する

banner

新しい家を住み替える方法には大きく、家を売るタイミングを待たずに
先に住み替え用の物件を購入する方法と、家を先に売り払ってから
新しい家を探す方法の2つがありますが、前者の方法をとった場合は
旧居の売却手続きにかける期間をあまり長引かせることが
できないデメリットがあります。

住み替え用の物件を購入する際には、初めて家を買ったときと同じように
住宅ローンを組んで資金を賄う人がほとんどでしょう。

しかし、このローン商品はあくまで申込者が手に入れようとしている
不動産の購入資金を融資するものであるため、新しい家を手に入れる場合は
別の住宅ローンを新たに組まなければなりません。

このため、先に住み替え用の物件を購入する場合、旧居の住宅ローンの
返済が終わっていないと、一時的に2件分のローン返済をしていく必要が生じ、
その間の家計の負担は大きなものになります。

そのことを考えると、新居の購入を優先させた人が早く旧居を
売却してしまいたいと考えるのは当然です。

しかし、早期売却に拘りすぎると、最終的に自分の希望より
大幅に安い価格で売却をせざるを得なくなる可能性があります。

このように、家を売るタイミングを後回しにするのはリスクを伴います。

しかし、新居が決まり次第すぐに引越しをすることができ、家を売るのを
先行させたときのように新居が決まるまでの一時的な住まいを
確保する必要がなくなるなど、売るのを後回しにすることにも
メリットがあるので、購入を先行させるか、売却を先行させるかは
自分自身がおかれている状況を元に熟慮して決めるようにしましょう。

Copyright(c) 家を売却して住み替える. All Rights Reserved.