住み替え * 売却価額 * 利用 * 先に購入 * 担保割れ * サイトマップ

banner

売却価額>住宅ローン借入残高の場合

banner

家を売る時、住宅ローンがネックとなってしまい、
そのままでは売れなくなることがあります。

例えば、ローン残高が3000万円あるが、家の査定をしてみたら、
売却価額が2800万円となってしまった場合などです。

査定の結果は1つの目安にすぎないので、諦めずに他の業者でも
査定を受けてみるということはおすすめができます。

もしかしたら3000万円以上で売却をしてくれる不動産業者もあるかもしれません。

複数の業者に査定をしてもらったが、ローン残高を
下回ってしまいそうな場合には、そのままでは家は売れません。

1つの方法として、任意売却をするという方法がありますが、
住宅ローンの返済に困っているわけでもない人にとっては
デメリットも大きいので、あまりおすすめはできません。

そのような時には、住み替えローンを利用するのが良いでしょう。
前のローンが3000万円残っていて、家の売却価額が2800万円と
なってしまった場合なら、差額の200万円を新しいローンに
上乗せして借りることができます。

住み替えローンの審査はそれなりに厳しいですが、高収入を得ていて、
生活にまだまだ余裕がある人なら、審査に通る可能性はあります。

急いで家を売る必要がないならば、住宅ローンの返済をそのまま進めて、
オーバーローンの状態が解消されてから家を売るという選択肢もあります。

ローンを完済できない場合でも、家を売る方法はいくつかありますので、
諦めずに方法を探してみましょう。

Copyright(c) 家を売却して住み替える. All Rights Reserved.